老屋顏(オールドハウスフェイス)

老屋顏工作室 2020.12

「老屋顏(オールドハウスフェイス)工作室」は2013年に設立され「老屋顏(オールドハウスフェイス)」は「老房子的容顏(古い家の外観)」を意味します。

長年にわたり、実際にさまざまな場所を訪れて、台湾の古い家の外観を収集したり、新しい建物で使用されなくなった鐵窗花(窓枠)、磨き石、タイル等の古い家の要素を記録したり、さまざまな建築時代の古い家の外観や装飾を撮影して収集したりしました。 「老屋顏(オールドハウスフェイス)」でシェアを続けています。

老屋顏(オールドハウスフェイス)の精神は、「私たちが知っていることを伝える」だけでなく、「興味をそそり、答えを見つける好奇心」を通じた一連の学習の旅であると同時に、ファングループやさまざまな製品を通じて私たちに伝えたいと願っています。 聴衆、読者、消費者の影響は、これらの要素を見たことがない若者の愛と注目、そしてこれらの環境で育った年配の世代の懐かしさを呼び起こし、相互に交流し経験と知識の拡散をもたらします。 ファンページへようこそ。引き続きフォローしてください。

Facebook  「老屋顏」http://www.facebook.com/oldhouseface

出版作品

2019 出版《台湾名建築めぐり》

2018 出版《台湾レトロ建築案内》(日本 X-Knowledge 社)

2017 出版《再訪老屋顏》一書(馬可孛羅文化)

2015 出版《老屋顏》一書(馬可孛羅文化)

左-辛永勝-右-楊朝景