印花楽 inBlooom

名前の由来

台湾名 印花楽

印という発音は英語名のinと発音に似っている。
印花楽というのは、印花-プリントすることは楽しいことです。

英語名 inBlooom

Inblooomというのは、in full bloomという単語からきており、花が満開で真っ盛りであるという意味です。ちょうど印花という漢字の意味がブランドの特徴になります。なぜBlooomに3つのoが入っているかというと、創立者が3人いるからです。また、oという形が漢字の「口」に似ており、これは創業当初から毎日激しく議論してきたという意味です。そして、またoは、originalの最初の文字であり、始まり、独創的という意味を表しています。

「印花楽」は2008年にアートを学んだ女子3人が立ち上げた、プリント生地のブランドです。モチーフになっている可愛い鳥は絶滅危機がある台湾のハッカチョウだったり、昔から家で使われているタイルやガラスだったり。自然や生活に目を向けて、大切なことに触れてほしいという願いが込められています。店内に日本語で説明したパネルがありますので、そちらもご覧くださいね。どこか懐かしいデザインの背景を知れば、より大切に扱いたくなります。